読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきひなぼっこ

庭いじり、料理へたの横好き。日々のあれこれ綴ります。

親子の形!!

義母と同居しているんです。

あ、すでに書きましたっけ?

 

耳が遠いこともあって、込み入った話が通じません。

特に自分の気分の乗らないことは聞こえない。

これ、嫁姑では、たぶん「あるある」ですよね。

「お母さん(私のこと)の話、さっぱりわかんねえ。」

と、まだ話している途中でも、さっさと行ってしまいます。

え~?まだ話の途中。。。

取り残された私だけが、ストレスと戦います。

↑ ちょっと愚痴。スミマセン。

 

そのため、どうしても会話がなくなっていくんです。

 

お話できればいいのにな、と思って、

「補聴器つけたらどう?」

と言ったら、主人が

「もうじき死ぬのに、もったいない。」と。

耳を疑った。

 

でも最近、二人は似ているんだと思うようになりました。

家が商売をしていたので、子育てをほとんどしてこなかった義母です。

主人も我が家の子育てには不参加でした。

 

二人の会話は、私的には会話でない。

自分の言い分だけを、代わりばんこに話しているだけで、全然かみ合っていない。

かみ合っていないけど、それで良いらしい。

でもたぶん長年こうだったから、違和感はないんでしょうね。

私の価値観で、それを一刀両断することはできないですよね。

これがこの親子の形なんだと思うから。

 

たまにですが、私が息子とお酒を飲みながら話をしていると、

「親子でよく話すねえ。」と言います。

どんな気持ちかはわかりません。

くだらない、と思っているのかもしれないし、

ひまだなあ、と思っているのかもしれないし、

いいね、と思ってくれているのかもしれないし。

 

まあ、色んな親子の形があるんだと思います。